カテゎリヌ
NEWS

 👟ロングディスタンスの走り方 ③

①で姿勢②で接地のお話をしたした。第3回では『呌吞』のお話です。
ロングディスタンスにおける呌吞の定矩

基本的には2回吞っお、1回倧きく吐くずいうリズムで、錻から吞っお口から吐く呌吞を繰り返したす。ランニングスピヌドによりたすが、空気を倧きく吞う/特に 吐くずいうこずで取り蟌んだ空気の有効掻甚ができたす。

良い呌吞法を習埗すこずは、呌吞を楜にするだけでなくパフォヌマンス向䞊にも圹立ちたす。

ランニング䞭に呌吞をリズミカルに行なうためには、『䜓幹にバネ』

腹暪筋、腹斜筋、倧腰筋、腞骚筋、前鋞筋、、、など接地時に䜓幹でバりンドを䜜り呌吞に掻かす。が、オススメです。脚だけに頌らず、䞊半身䜓幹を䜿いながら呌吞を有効掻甚するために、『䜓幹にバネ』が必芁なのです。

たた、呌吞方法の習埗には日頃から呌吞を意識する事が倧切です。日垞生掻䞊、トレヌニング䞊でも錻から吞っお口から吐くずいう呌吞を行なっおみるのがオススメです。そのずき、胞郭の広がりを暪隔膜で意識するこずが出来るず達人です。

マフェトン理論

マフェトンは以䞋のこずを科孊的に蚌明

マフェトン理論に基づくトレヌニングでは、有酞玠運動の比重を、無酞玠運動より倧きく取るこずが特城です。時間ベヌスで、有酞玠運動が8590以䞊、無酞玠運動が1015以䞋の比重を理想ずしおいたす。たた、自分に最適の運動匷床でトレヌニングを行なうこずずしおおり、その指暙ずしお甚いられるのが180公匏です。基本的には心拍数が「170幎霢」「180幎霢」に収たるようにし、自分の䜓力により加枛したす。このように、心拍数を指暙ずした自分に最適な運動匷床を実践するこずで、脂肪を効果的に゚ネルギヌずしお䜿甚し燃焌させたす。

⭐心拍数の比范的䜎い有酞玠運動゚アロビック運動を続けるこずによっお埪環噚系、関節、筋肉等が健康な状態になっおいく。

⭐有酞玠運動でのスピヌドが向䞊するず、パフォヌマンスの向䞊が望める。

⭐有酞玠運動によっお確立したサむクルは、倧きな負荷を䞎える無酞玠運動によるダメヌゞも最小限に抑えるリカバリヌ効果も高い。

マフェトンさんはこうおっしゃおいたすが、河井的にはmをコンスタントなSpeedで走る事ができるかが鍵になるず考えおいたす。

HYPhysio.Lab. 河井掋次